派遣社員から正社員を希望する場合の履歴書の書き方と記入例

派遣社員を経験し、正社員を希望する場合、「なぜ正社員を希望するのか?」が採用担当者が知りたいことです。
正社員希望の理由が明確にが伝わるように履歴書を書く必要があります。
ここではその書き方と記入例を紹介します。

 

 

派遣社員の「職歴」欄への記入方法

履歴書の「職歴」欄には派遣先だけではなく、派遣元の会社も記入します。
派遣社員として働く場合、通常は1社だけにはとどまらず、複数の会社に勤務することになると思います。
派遣元の会社を記入し、「以下の○社に派遣社員として勤務」と記入します。
社名だけではなく、仕事内容も簡単に記入します。
退職理由は「契約期間満了により退職」と書きます。

 

通常の派遣社員経験の記入例

派遣社員から正社員希望の職歴欄の書き方の例1

 

 

 

 

 

上記の例は、勤務したすべて会社が一つの派遣会社から派遣された企業に勤務した場合ですが、次に、登録した複数の派遣会社から派遣された企業に勤務した場合はどのように「職歴」欄に書けばよいのか紹介します。

 

下記の記入例のように、履歴書の「職歴」欄には派遣会社の社名までは書かずに、「人材派遣会社○社に登録し、以下の○社で派遣社員として勤務」と書き、勤務先の社名と業務内容を簡単に記入します。

 

複数の派遣会社から派遣された場合の職歴欄の記入例1

複数の派遣会社から派遣された場合の記入例

 

 

 

 

さらに、複数の派遣会社に登録し、履歴書の「職歴」欄に書ききれないほどたくさんの企業に勤務した場合はどのように書くのかを紹介します。

 

この場合は、派遣会社の社名や勤務したは書かず、「人材派遣会社○社に派遣社員として登録し、派遣先にて就業」と書き、さらに「詳細は職務経歴書に記載」と書き添えるとよいでしょう。

 

複数の派遣会社から派遣された場合の職歴欄の記入例2

複数の派遣会社から派遣された場合の記入例

 

上記の記入例の場合、詳細を職務経歴書に委ねるため、2行の記載で済んでいます。そのため、職歴が浅いと履歴書に空白が目立ちがちになります。空白の多い履歴書は評価が低くなりますので、学歴を小学校卒業から書く、職歴は異動なども書くことで空欄をできる限り埋めるようにしましょう。

 

参考
派遣社員経験の職歴欄の書き方

 

 

 

 

 

 

収入や雇用の安定を志望動機として書かない

派遣社員をやってきた人が正社員を希望する場合、収入や雇用の安定を志望動機として書くのはNGです。

 

たとえ雇用形態、待遇、福利厚生などに魅力を感じて応募したとしても、志望動機はあくまで業務内容に関連することを書きます。

 

派遣社員と正社員の違い挙げると、派遣社員は、

  • 特定の業務に特化している
  • 業務の責任範囲が狭い
  • 一定期間の雇用である

上記の違いを逆手にとって、「限られた期間ではなく、組織の一員として、より広い業務に関わっていきたい」ということを志望動機として考えられます。

 

次に、「なぜその会社に応募したのか」を考える必要があります。応募先の企業だからこそ実現できることをホームページ、募集案内、業務内容などから見つけ出し、志望動機としてまとめます。

 

 

 

 

派遣社員から正社員を希望する場合の志望動機例

今まで派遣社員として主に一般事務を行ってきましたが、派遣社員の場合、正社員と比べて業務範囲が限られており、正社員の指示を受けて業務を行うことがほとんどでした。(1)会社組織の一員として自らの判断で業務を行っていきたいと思い、正社員を希望しました。(2)自ら企画提案し、セールスプロモーションや営業など幅広く行える貴社の業務に大変魅力を感じています。(3)ぜひ貴社の一員となり、貴社の中のコアメンバーとなって活躍していきたいと思います

(1)「会社組織の一員として自らの判断で・・・」
正社員を志望する理由が書かれています。

 

(2)「自ら企画提案し、セールスプロモーションや営業など・・・」
応募先の企業だからこそできることを志望動機として説明しています。

 

(3)「ぜひ貴社の一員となり・・・」
入社の意気込みを伝えています。

 

 

 

 

派遣社員から正社員希望に関係のある他の記事

 

共有のお願い

このサイトは誰かの役に立ちそうですか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけたら、以下のボタンから共有(シェア)をお願いします。
運営者のモチベーション維持にもつながります。
このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る