職歴欄の書き方記事一覧

ここでは履歴書における職歴欄の基本的な書き方について説明します。職歴欄には職歴の概要が分かるように書く中途採用における書類選考では、職歴欄が最も重要視される項目です。職歴は、履歴書のほかに職務経歴書にも書きますが、書類選考ではあくまで履歴書がメインで、職務経歴書はサブ的な役割を果たしているに過ぎません。職務経歴書で詳細な内容を記載するからといって、手を抜かないようにしなければなりません。したがって...

派遣社員としての職歴を履歴書の職歴欄に書くとき、どのように書けばよいのかを説明します。派遣社員の職歴欄の基本的な書き方履歴書の職歴欄には、基本的に、派遣元、派遣先、業務内容、派遣期間を書きます。どこの派遣会社に登録して、どこの会社にどのくらいの期間にわたって勤務していたのか、そこでどのような業務を行ってきたのかが分かるように書きます。登録型派遣では、派遣元は「入社」ではなく「登録」となります。派遣...

就職や転職で履歴書の職歴を書くとき、「アルバイトの経験を履歴書の職歴欄に書くべきなのか?」、「フリーターとしての経験しかない場合、アルバイト経験どのように職歴欄に書けばよいのか?」、「アルバイトの経験が多すぎて履歴書の職歴欄に書き切れない場合は、どのように書けばよいのか?」などの疑問点が出てくる方もいるのではないでしょうか。ここではアルバイト経験の職歴欄の書き方や具体例(サンプルあり)について説明...

転職回数が多い場合、すべての経歴を記入しようとすると行数が足らなくなる場合があります。そのような場合は、主な業務内容だけを書き、退職年月や詳細な内容については、職務経歴書に記入しましょう。正社員採用された職場は、数か月の在籍期間であっても、すべて記入する必要があります。嘘を書いてバレてしまうと経歴詐称(職歴詐称)となり、採用が取り消される可能性があります(履歴書でやってはいけないこと)。<転職が多...

社会経験が短い場合の職歴欄の書き方として、応募先に関連した業務内容のほかに、入社後に受けた新人研修の経験を履歴書の職歴欄に書くことで、社会人としての基礎を身につけていることをアピールすることができます。異動があった場合も時系列ですべて書きます。とにかく履歴書(特に職歴欄)は、できる限り空白を残さないことが鉄則です。<社会人経験が短い職歴欄の書き方の例>新人研修の内容を具体的に書く新人研修の経験を具...

リストラや倒産で退職した場合、職歴欄記入時に注意することは、人員整理の対象になったようなマイナスのイメージを与えないことです。「人員整理のため会社都合で退職」などと書くのではなく、「会社の業績により希望退職」と書きます。倒産で退職した場合は、「会社倒産により退職」と書いても問題ありません。<リストラや倒産した場合の職歴の記入例>リストラ・倒産で退職した場合の履歴書の書き方と記入例倒産やリストラなど...

 

共有のお願い

このサイトは誰かの役に立ちそうですか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけたら、以下のボタンから共有(シェア)をお願いします。
運営者のモチベーション維持にもつながります。
このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る