事例ごとの職務経歴書の書き方

ここでは、以下の事例ごとの職務経歴書の書き方を紹介します。

 

  • 職務経歴が浅い場合
  •  

  • 転職回数が多い場合

事例ごとの職務経歴書の書き方記事一覧

社会人経験が短い場合の職務経歴書の書き方のポイントや書き方例を紹介します。キャリアが浅い場合の職務経歴書の記入例キャリアが浅い分、今までの経験をどのように活かしていくのかをしっかりと書く必要があります。「〜をやってきました。」という経験談ではなく、「応募先で何ができるのか」と貢献できることを書きます。アルバイト経験であっても、応募先の業務内容で活かせる点があるならば書く価値があります。「応募職種」...

転職回数が多い場合の職務経歴書の書き方と記入例について説明します。転職が多い場合の職務経歴書の記入例記入例1退職理由を会社ごとに簡潔に書きます。ただし、必ず前向きな退職理由を書きます。「人間関係が悪かった」、「仕事が合わなかった」、「仕事がきつかった」などのネガティブな退職理由はタブーです。退職理由の書き方と例文在職期間の長短にかかわらず、職歴はすべて記載します。行数が増えてしまうので、社内の異動...

異業種に転職する場合の職務経歴書の書き方と記入例について説明します。未経験職種に転職する場合の職務経歴書の記入例未経験の仕事に応募した理由を志望動機にしっかりと書きます。単なる興味本位ではなく、本気であることを伝えるには、現在取り組んでいることを書くとよいでしょう。未経験職種の志望動機と例文応募先の業務内容で活かせられるスキルや経験をクローズアップして書きます。職務経歴書の書式の詳細については「職...

 

共有のお願い

このサイトは誰かの役に立ちそうですか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけたら、以下のボタンから共有(シェア)をお願いします。
運営者のモチベーション維持にもつながります。
このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る