ここでは、以下の事例ごとの職務経歴書の書き方を紹介します。

事例ごとの職務経歴書の書き方記事一覧

社会人経験が短い場合の職務経歴書の書き方のポイントや書き方例を紹介します。キャリアが浅い場合の職務経歴書の記入例キャリアが浅い分、今までの経験をどのように活かしていくのかをしっかりと書く必要があります。「〜をやってきました。」という経験談ではなく、「応募先で何ができるのか」と貢献できることを書きます。アルバイト経験であっても、応募先の業務内容で活かせる点があるならば書く価値があります。「応募職種」...

転職回数が多い場合の職務経歴書の書き方と記入例について説明します。転職が多い場合の職務経歴書の記入例記入例1退職理由を会社ごとに簡潔に書きます。ただし、必ず前向きな退職理由を書きます。「人間関係が悪かった」、「仕事が合わなかった」、「仕事がきつかった」などのネガティブな退職理由はタブーです。退職理由の書き方と例文在職期間の長短にかかわらず、職歴はすべて記載します。行数が増えてしまうので、社内の異動...

異業種に転職する場合の職務経歴書の書き方と記入例について説明します。未経験職種に転職する場合の職務経歴書の記入例未経験の仕事に応募した理由を志望動機にしっかりと書きます。単なる興味本位ではなく、本気であることを伝えるには、現在取り組んでいることを書くとよいでしょう。未経験職種の志望動機と例文応募先の業務内容で活かせられるスキルや経験をクローズアップして書きます。職務経歴書の書式の詳細については「職...

派遣社員から正社員を希望する場合の職務経歴書の書き方と記入例を紹介します。派遣社員をしていた場合の職務経歴書の記入例応募先の職務内容に関連のある職歴を詳細に書きます。契約更新の回数を記載することで就業先で評価されていたことをアピールします。職務経歴書の書式の詳細については「職務経歴書の書式」を参照してください。職務経歴書のダウンロードについては「職務経歴書フォーマットのダウンロード」を参照してくだ...

職歴にブランクがある場合の職務経歴書の書き方と記入例を紹介します。ブランクがある場合の職務経歴書の記入例上記の職務経歴書の記入例では、療養がブランクの理由になっていますが、現在は完治して就業にまったく影響がないことを書くことで不安要素を払しょくしています。ブランク中も自己啓発を行っていたことをアピールして業務に対して、自己PRなどで前向きな姿勢を示します。職務経歴書の書式の詳細については「職務経歴...

リストラや倒産で転職する場合の職務経歴書の書き方と記入例を紹介します。リストラや倒産で転職する場合の職務経歴書の記入例リストラや会社の倒産でやむなく転職せざるを得なくなったことに、ネガティブではなくポジティブな姿勢を書きましょう。職務経歴をすべて書こうとすると長くなって焦点がぼやけてしまうので、応募先で役に立つこと、活かすことができることに絞って書きます。職務経歴書の書式の詳細については「職務経歴...

アルバイト(フリーター)から正社員を希望する場合の職務経歴書の書き方と記入例を紹介します。アルバイトをしていた場合の職務経歴書の記入例アルバイト(フリーター)であっても、アピールできる実績があれば、自己PRなどで積極的に書くべきです。職場で高い評価を受けていたことは非常に説得力があります。アルバイト(フリーター)から社員希望の場合、その志望動機が最も注目されます。収入や雇用の安定ではなく、あくまで...

 

共有のお願い

このサイトは誰かの役に立ちそうですか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけたら、以下のボタンから共有(シェア)をお願いします。
運営者のモチベーション維持にもつながります。
このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る