社会人経験が短い職歴欄の書き方

社会経験が短い場合の職歴欄の書き方として、応募先に関連した業務内容のほかに、入社後に受けた新人研修の経験を履歴書の職歴欄に書くことで、社会人としての基礎を身につけていることをアピールすることができます。異動があった場合も時系列ですべて書きます。

 

とにかく履歴書(特に職歴欄)は、できる限り空白を残さないことが鉄則です。

 

<社会人経験が短い職歴欄の書き方の例>
社会人経験が短い職歴の書き方例

 

  1. 新人研修の内容を具体的に書く

    新人研修の経験を具体的に書いて、社会人としての基礎が身についていることをアピールしましょう。新人研修の経験もスキルの1つとして認められる場合があります。

  2.  

  3. 応募先の業務に関係した職歴をアピールする

    履歴書の職歴欄は行数に制限がありますので、応募先の業務内容に合わせた職歴を優先して書くことで戦力になることをアピールします。

  4. 異動や出向があれば漏らさず記入する

    社内異動や出向があれば、時系列で漏らさず記入します。

 

参考
社会人経験が短い場合の履歴書の書き方と記入例
経験年数が浅い自己PRの書き方
社会人経験が浅い場合の添え状の書き方と例文-詳細編

 

 

 

共有のお願い

このサイトは誰かの役に立ちそうですか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけたら、以下のボタンから共有(シェア)をお願いします。
運営者のモチベーション維持にもつながります。
このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る