看護師の志望動機の例文

看護師の志望動機の例文を紹介します。

 

以下は、看護学校を卒業して初めて病院などに就業する場合の志望動機例文です。履歴書に志望動機を書く際に参考にしてください。
志望動機の書き方と例文」も併せて参考にしてください。

 

 

看護師の志望動機例文(新卒編1)

私は、将来について考えたときに、(1)人の頼りになることが好きなのでそれを活かす職業につきたいと思っていました。(2)幼い頃祖母が倒れ入院し、寝たきりの状態になったときに看護師が手厚く看護してくれたと母親から聞かされました。私が両親と面会に行ったときにも、看護師が祖母に対して同じ目線で話しかけたり、励まして元気づけたりする姿が大変印象的でした。 看護師という仕事は患者のために尽くし、患者から喜んでもらう職業だと思い、この職業についてみたいと考えるようになりました。しかし、看護学校での3年間の勉強を通して、改めて看護師という職業は幅広い年代の患者さんたちに対し看護していくので多くの知識や経験、技術、コミュニケーション能力が必要だと痛感しました。また、肉体的にも精神的にも過酷な職業だと感じましたが、(3)患者を励まし元気づけるさせることができ、また患者を通して自分自身を成長させることができることに魅力を感じ、看護師になりたいと思いました

 

(1)「人の頼りになることが好きなのでそれを活かす職業につきたいと思っていました」
人の頼りになる職業に就こうとした動機が書かれています。しかし、人の頼りになる職業は看護師に限らず、ほかにも多数ありますので、これだけでは看護師になろうとした志望動機にはなりません。以降に「なぜ看護師になろうとしたのか?」というプロセスと志望動機が具体的な経験とともにしっかりとした内容で書かれています。

 

(2)「幼い頃祖母が倒れ入院し、寝たきりの状態になったときに・・・この職業についてみたいと考えるようになりました」
看護師になろうと思うようになったプロセスと動機が書かれています。

 

(3)「患者を励まし元気づけるさせることができ、・・・魅力を感じ、看護師になりたいと思いました」
看護師になろうとした2つ目の志望動機に該当します。複数の志望動機があるときは箇条書きスタイルで書くと、さらに簡潔で伝わりやすくなります。

 

看護師の志望動機例文(新卒編2)

私が看護師を志望した動機は、(1)小さい頃にけがで入院していた病院での体験にあります。そのときの私を担当していただいた看護師さんは、忙しい業務の中、私を元気付けようと笑顔でたくさんおもしろい話をしてくれたり、散歩に連れて行ったりもしてくれました。その看護師さんのおかげで、学校に行けず、友達にも会えずに落ち込んでいた私の気持ちはいつしか晴れていきました。そのとき、(2)私も病気で苦しんで辛い思いをしている患者さんの気持ちを少しでも楽にして、そんな人を笑顔にできる仕事をしたいと思い看護師を志望しました。看護学校で実習し学んだこと以外でも、(3)独学で幼児教員や医療カウンセリングの本などを読み勉強しました。体だけではなく心のケアの知識も今後役立てることができると思います。一人でも多くの患者さんに役立てる看護師になりたいです。

 

(1)「小さい頃にけがで入院していた病院での体験にあります・・・私の気持ちはいつしか晴れていきました」
看護師になろうと思うようになったプロセスが書かれています。

 

(2)「私も病気で苦しんで辛い思いを・・・笑顔にできる仕事をしたいと思い看護師を志望しました」
(1)の文で書かれている実体験がきっかけとなり看護師を志望するようになった動機が書かれています。

 

(3)「独学で幼児教員や医療カウンセリングの本などを・・・心のケアの知識も今後役立てることができると思います」
新卒の場合は実務経験がないからこそ、他の看護師応募者よりも有利に働くことをアピールすることが重要になってきます。

 

看護師の志望動機例文(新卒編3)

私は、(1)人と接することができる仕事、命の大切さを学べ人の助けになれる仕事として、小学生の頃から将来は看護師になることを目標にしてきました
(2)この度貴社に応募するに至った理由は、一人一人の患者様に対し思いやりを忘れず、看護師さんたちが毎日笑顔で接することによって患者様にも笑って過ごせる環境を提供したいという患者の皆様に対するに企業の姿勢に惹かれ、私も貴院で働きたいと思い応募させていただきました
私が貴院で働けるようになった暁には、今まで働いていたアルバイト先でお客様や同僚から褒められた自慢の笑顔と共に、貴院の“笑顔で過ごせる環境”を築き上げていき、患者様とも親身になって接することができるよう努めます。貴院で働けせてもらうことにより、私自身も精神面や人間性をさらに成長させていきたいと思っております。

 

(1)「人と接することができる仕事、命の大切さを学べ・・・看護師になることを目標にしてきました」
冒頭で、看護師になろうとした志望動機が明確に書かれています。採用担当者が履歴書に目を通す時間は約1分と言われています。それだけに、冒頭で採用担当者の目にとまるように書くことが重要になってきます。

 

(2)「この度貴社に応募するに至った理由は、一人一人の・・・私も貴院で働きたいと思い応募させていただきました」
他院ではなく、応募先の病院を選んだ動機が書かれています。志望動機文では、看護師になろとした動機のほかに応募先を選んだ動機の両方をを書くことが大切です。

 

看護師の志望動機例文(新卒編4)

(1)私が看護師を目指そうと思ったのは、いつも自分が誰かに助けてもらって生きていることに気づいたのがきっかけです。その方々が病気になったり、亡くなったりして恩返しができなくて自分に何ができるのかと考えた時に、誰よりもその方々の傍に寄り添うことができる仕事、それは看護師であると思いました。今回、貴院に応募するに至った理由は、(2)以前実習させていただいた時に、回復の見込みが少ない患者様やご家族の気持ちに寄り添い、患者様の回復を信じる姿勢とその試みに感動し、私も貴院で働きたいと思い応募させていただきました
私が貴院で働けるようになった暁には、患者様ひとり一人に合わせたニーズを把握し、身体面だけでなく精神面でも支えになれる看護師を目指したいと思います。

 

(1)「私が看護師を目指そうと思ったのは・・・それは看護師であると思いました」
看護師を志望するに至ったプロセスがしっかりとした内容で書かれています。

 

(2)「以前実習させていただいた時に、回復の・・・私も貴院で働きたいと思い応募させていただきました」
他院ではなく、応募先の病院を選んだ動機が書かれています。志望動機文では、看護師になろとした動機のほかに応募先を選んだ動機の両方を書くことが大切です。

 

看護師の志望動機例文(転職編)

以下は、転職して看護師として病院などに就業する場合の志望動機例文です。履歴書に志望動機を書く際に参考にしてください。

(1)私が看護師を志望した理由は、前職の仕事を活かし、直接患者さんに役に立てる看護師になりたいと思ったからです。私は前職、医療事務の仕事をしていました。レセプト計算、予約受付など毎日時間に追われる日々でした。そんな中でも患者さんとの交流は大切にしていました。それは、過去に私自身が患者として病院で診察を受けたときに、その病院での受付の対応が悪くて嫌な思いをした経験があったからです。医者ではないため、患者さんの病気を治すことはできませんが、受付の対応を良くすることで少しでも患者さんの気持ちを和らげようと努めてきました。もちろん、そのような意味で前職の仕事もやりがいがありましたが、(2)今よりもっと深く、じかに患者さんと関わりたい支えになりたいと思い退社し、看護学校に通い始めました。(3)前職でいろんな患者さんから医師では聞けない要望や本音をたくさん聞くことができました。この経験は、患者さんの立場にたった看護師になるために役立てると思います。

 

(1)「私が看護師を志望した理由は・・・直接患者さんに役に立てる看護師になりたいと思ったからです」
冒頭に営業職を志望する動機を書き、以下にその根拠となる詳細な内容を展開しています。志望動機を簡潔に伝える方法として有効です。

 

(2)「今よりもっと深く、じかに患者さんと関わりたい支えになりたいと思い退社し」
看護学校に通うようになった動機が明確に書かれています。

 

(3)「前職でいろんな患者さんから医師では・・・看護師になるために役立てると思います。」
前職での活かすことのできる経験が書かれています。特に未経験職種に応募するときは、前職で身につけたスキルや経験の中から応募先で活かすことができることをアピールすることが重要です。

トップへ戻る