社会人経験が短い場合の履歴書の書き方と記入例

社会人経験が短い場合の履歴書の書き方と記入例

社会人経験(キャリア)が短い場合、勤続年数が短い場合の履歴書の書き方と記入例を紹介します。

 

「学歴・職歴」欄をできる限り埋める

社会人経験が浅かったり、勤続年数が短い場合は職歴が短いので、学歴を小学校卒業から書いてきるだけ空白が目立たないようにします

 

 

職歴は、社内での異動なども書き、できるだけ行を埋めるようにします。

 

新人研修をうけた経験はアピール材料になりますので、記載しましょう。

 

アルバイト経験でも応募先の業務に関することなら、積極的に記載しましょう。

 

 

「学歴・職歴」欄の書き方の良い

社会人経験が短い場合の志望動機の良い書き方例

 

 

 

上記のように学歴は小学校卒業から記入し、職歴は会社の事業内容、業務内容のほか社内異動なども記入し、できる限り空白を受けるように工夫します。

 

 

「学歴・職歴」欄の書き方の悪い

社会人経験が短い場合の志望動機の悪い書き方例

上記のように空白が目立つ履歴書ではやる気を伝えることができません。「『学歴・職歴』欄の書き方の良い例」のように空白が目立たなくなるような工夫が必要です。

 

また、履歴書用紙選びも重要な要素です。自己PR欄や志望動機欄、その他のアピール内容を記載する欄が充実している履歴書を選ぶことが大切です。

 

参考
学生またはキャリアが浅い人向けの履歴書

 

 

 

 

短期間であっても実務経験はアピールできる

実務経験年数が短くても、その期間中に経験し、身に付けたことはアピールできます。新人研修を受けたことは社会人としての基礎があることを示すことができますので、職歴欄に明記しておきましょう。

 

実務経験の不足を補う方法として、取得を目指して勉強に励んでいる資格や個人的に取り組んでいることをがあれば書いておくべきことです。前向きな意欲を伝えることで評価を高めることができます。

 

参考
資格がないなら意欲をアピールする

 

実績がなければやりたいことのビジョンを書く

キャリアが浅い場合、どうしても実績面が劣りがちです。実績をアピールするよりは、「将来的にはこういうことをやりたい」とこれからのビジョンについて書くとよいでしょう。

 

中途採用では即戦力が求められるため、キャリアの長い応募者に比べると経験やスキル面ではどうしても見劣りしてしまいます。しかし、若さと今後の伸びしろという面では強みになります

 

採用担当者に今後の期待感を抱かせるように、今後のビジョンとやる気を伝えましょう。

 

 

志望動機の記入例
社会人経験が短い場合の志望動機の書き方例

「資格」欄には関連のあるものを書く

「資格」欄には応募先の職務内容に関連するものに絞って記入します。アピールしようとするあまりに、業務に関係のない資格を羅列するのはかえって逆効果です。 もし業務に関係のある資格を持っていない場合は、現在は勉強中であることを触れておきましょう。

社会人経験が浅いことに関連する他の記事

以下は、社会人経験が浅い場合の履歴書の書き方に関連するその他の記事です。履歴書作成の際に参考にしてください。

 

共有のお願い

このサイトは誰かの役に立ちそうですか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけたら、以下のボタンから共有(シェア)をお願いします。
運営者のモチベーション維持にもつながります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

社会人経験が短い場合の履歴書の書き方と記入例関連ページ

転職回数が多い場合の履歴書の書き方と記入例
スキルアップの転職だったことを伝え、幅広い視野やスキルをアピールします。
派遣社員から正社員を希望する場合の履歴書の書き方と記入例
職務能力をアピールします。身分の安定を志望動機にしてはいけません。
リストラ・倒産で退職した場合の履歴書の書き方と記入例
過去よりも実務経験をいかに活かすかをアピールします。
フリーターから正社員の履歴書の書き方と記入例
フリーターであっても実務経験をしっかりとアピールします。
ブランクがある場合の履歴書の書き方と記入例
誤解される前に、採用側が納得する理由を書いて、事前に不安を払しょくします。
長期療養後に正社員を希望する場合の履歴書の書き方と記入例
長期療養後の正社員希望の履歴書の書き方を紹介します。

求人サイト


 
トップページ 履歴書ダウンロード 履歴書の記入例 志望動機の書き方 自己PRの書き方