好感が持たれる履歴書とは?

印象を良くする履歴書の書き方

履歴書の印象が良ければ、スキルやキャリアが多少見劣りしても採用担当者に興味を持ってもらえます。逆に、どれだけスキルやキャリアが立派であっても履歴書の印象が悪ければ、面接に進むことができないでしょう。好感が持たれる履歴書にするための書き方を説明します。
伝わりやすい履歴書の書き方とは?」もあわせてご覧ください。

未来志向で書く

過去の実績をアピールすることは大切ですが、それだけだと単なる自慢話で終わってしまいます。「何をしてきたか」+「何をやりたいか」を書く必要があります。自己PRや志望動機でしっかりとアピールしましょう。また、「性格」記入欄があれば、好奇心・チャレンジ精神が旺盛であることなどを書けば、採用担当者の心をつかむことができるはずです。
履歴書が以下の内容で書かれているか再度チェックしてみましょう。




ていねいで読みやすい字で書く

ていねいに書くことで真剣みを伝えることができます。「上手」よりも「ていねい」に書くことです。大きすぎず小さすぎず適度な大きさで、はねるところや止めるところに注意し、正しく他人が読みやすい字を書きます。採用担当者は、手書き文字から「人柄」を読み取ります。乱雑に書かれた文字では、仕事も雑で無神経な性格の人だと思われます。走り書きの文字からは、粘り強さが感じられず、せっかちな印象を受けてしまいます。

誤字、脱字は論外ですが、クセ字、丸文字、走り書き、小さな字、薄い字はすべてマイナス評価になります。特に注意したいのが、履歴書の提出日(年月日)、氏名、住所などの冒頭欄、丸印の記入です。書きなれている記述なのでつい気がゆるんで無意識に雑に書いてしまいがちです(arrow_blue冒頭欄の書き方)。




自分の言葉で書く

自分が思っていること・考えてることを自分の言葉で書くことが大切です。たとえば、志望動機で「貴社に魅力を感じて〜」や「貴社の業務内容に興味があり〜」など記入例でよく見かける借り物の表現では熱意がまったく伝わりません。自分は何ができて、入社後は何をしたいのかを自分の言葉で具体的に書く必要があります。
arrow_blue志望動機の書き方と例文
arrow_blue職種別志望動機の例文
arrow_blue志望動機のNGフレーズ

簡潔に書く

だらだらとした長文は避け、できるだけ文は短く書きましょう。自己PRなどは文が長くなりがちです。箇条書きにすると簡潔で読みやすくなります。履歴書に目を通す採用担当者の立場になって、見やすく簡潔に書くことも履歴書の評価に大きな影響を与えます。履歴書の見た目を大切にすることです。

履歴書をきれいに書くコツ

  • 完全な下書き見本を作成する
    完璧に仕上げた下書き見本を見ながら清書すると失敗を防げます。私もよく経験しましたが、途中で失敗した履歴書を見本に使うと、また同じところで間違ってしまうものです。




  • 適切な筆記用具を選ぶ
    種類 万年筆がベストですが、細書きの水性ペン、ジェルタイプのボールペンで問題ないです。
    黒または黒に近いブルーブラック。
    太さ 0.5mmくらい。
    油性か水性か 水性がよいでしょう。
    筆記用具が決まったら、同じものを数本用意しておくことをおすすめします。インクが途中で切れてしまった場合、途中で筆記用具を変えると、違いが目立ってしまい、あまりよい印象を与えません。

手書きの注意点
以下の7点に注意して書きましょう。
  • 楷書体で書くこと
    楷書体で一字ずつ丁寧に書きましょう。丸文字などのクセ字にならないように注意しましょう。

  • 失敗したら書き直す
    1箇所でも間違ってしまった場合は、一から書き直します。修正液は使ってはいけません

  • 略字や略記号は使わない
    株式会社を(株)としたり、有限会社を(有)としたりして省略しないことです。繰り返しだからといって「〃」など略記号を使うのもいけません。固有名詞も、たとえば「斉田」ではなく「斎田」と正式な漢字を書く必要があります。

  • 誤字・脱字がないこと
    いうまでもありませんが、誤字・脱字があると業務の正確性や能力が疑われてしまいます。見直しをきちんとしなかったという点で入社意欲が疑われます。不確かな漢字やわからない漢字は必ず辞書で調べてから書きましょう。履歴書を書き上げたら、第三者の目で必ずチェックしましょう。




  • 敬体と常体を混在させない
    志望動機などのひとつの記入欄で敬体(です・ます調)と常体(である調)を混在させないことです。「です・ます調」はていねいな印象を与え、「である調」は力強い印象を与えます。

  • 西暦と年号を混在させない
    履歴書の場合は、「平成」「昭和」などの年号で書くのが一般的ですが、西暦でもかまいません。重要なのことは、年号か西暦かを統一して書くことです。

  • 空欄を残さない
    空欄がある履歴書は印象がよくありません。空欄は残さずに必ず記入することです。空欄がダメだからといって、「特になし」と書く応募者もいますが、これも空欄と同じですので注意しましょう。「趣味」や「特技」欄もきちんと書きましょう。とくに趣味や特技は具体的な人物像を伝えることができます。
    矢印趣味・特技の書き方

参考
arrow_blue履歴書でやってはいけないこと



 

共有のお願い

このサイトは誰かの役に立ちそうですか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけたら、以下のボタンから共有(シェア)をお願いします。
運営者のモチベーション維持にもつながります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

求人サイト


 
トップページ 履歴書ダウンロード 履歴書の記入例 志望動機の書き方 自己PRの書き方