転職が多い場合の志望動機と例文

転職回数が多い場合の志望動機と例文

転職回数が多い場合の志望動機の書き方とその例文について説明します。

前向きな気持ちが伝わる志望動機を書く

転職回数が多いと、採用側は「こらえ性がないのでは」、「職場環境になじめないのではないか」、「やりたいことが定まらないのではないか」などと懸念してしまうものです。

 

転職回数が多いことは不利にはたらくかもしれませんが、過去を変えることはできません。思い切って開き直り、前向きな気持ちが伝わる志望動機を書く必要があります。今後応募先で実現したいことに目を向けて志望動機を考えてみましょう。

 

同じ業種や職種での転職であっても、会社によって業務内容、扱う商品や製品は異なることに注目してみましょう。1、2社勤務だけの経験では得ることができない、深い経験と知識をアピールすることができます。

 

複数の業界・業種への転職がある場合は、好奇心が旺盛で、関心や興味の幅が広いこと、幅広い経験と知識による複合的な見方をアピールすることができます。幅広い経験・知識・関心によって、他人が持っていない異なった視点でものを見ることができるのではないでしょうか。

 

 

 

 

注意しなければならないことは、幅広い経験、知識、スキルのアピールだけで終わらないことです。それらを応募先の業務でどのように活かしたいのか、貢献したいのかまで書かなければ「志望動機」にはなりません。

 

転職回数の多さに後ろめたさを感じていると自信のなさが文章に表れてしまいます。自信を持って書きましょう!

 

転職回数が多い場合の志望動機の例文

以下に転職回数が多い場合の志望動機の悪い例文と良い例文を用意しました。それぞれの志望動機を参考にして、説得力のある志望動機を作成してみてください。

 

×転職回数が多い場合の志望動機の悪い例文

今まで勤務してきた会社では、仕事内容には満足していましたが、残業の多さ、人間関係、給与面などが理由で転職を繰り返してきました。しかし、転職回数が多い分、様々なことを経験できたことは自分にとってプラスになりました。貴社でも今まで身に付けてきた経験やスキルを役立てることができると思っております。

 

 

 

 

  • 「残業の多さ、人間関係、給与面などが理由で・・・」

    前職非難は評価を下げてしまいますので、退職理由や志望動機には書かないようにします。

  •  

  • 「自分にとってプラスになりました」

    どのようにプラスになったのかを書く必要があります。プラスになった経験やスキルが応募先で役立つように書くと志望動機にもつながり、高く評価されるようになります。

  •  

  • 「今まで身に付けてきた経験やスキルを役立てることができる・・」

    応募先の業務内容にどのように役立てるのかを書く必要があります。

 

転職回数が多い場合の志望動機の良い例文

これまでに6回の転職を繰り返し、多くの業種・職種を経験してきました。しかし、営業、商品企画、接客など複数の仕事にかかわったことによって、1、2社勤務だけの経験では得ることができない複合的な視点を養うことができ、顧客のニーズに応えながらも、売り上げを伸ばすスキルを身に付けることができました。このスキルを、全国への新規店舗展開を目指す貴社で貢献していきたいと思い応募いたしました。

 

 

 

 

  • 「営業、商品企画、接客など複数の仕事にかかわったことによって・・・複合的な視点を養うことができ・・・」

    複数の業種や職種を経験してきたことをプラスにアピールすることで、マイナスのイメージを払しょくできます。

  •  

  • 「顧客のニーズに応えながらも、売り上げを伸ばすスキルを・・・」

    応募先で活かすことができるスキルを書くのがベストです。

  •  

  • 「全国への新規店舗展開を目指す貴社で貢献・・・」

    身に付けたスキルを応募先の企業で活かせることをアピールすると評価が高くなります。

 

転職回数が多い場合の志望動機の書き方のまとめ

  • 転職回数が多いというマイナスのイメージを払しょくするために、多くの業種・職種を経験してきたからこそ、身に付けることのできたスキル・知識などをアピールする。
  •  

  • いろいろなことができることをアピールするのではなく、応募先の企業で役立てることのできる経験やスキルに絞ってアピールする。
  •  

  • 身に付けたスキル・知識をどのように活かして貢献していくのかを書く。

 

 

 

 

転職回数が多い場合に関連する他の記事

 

共有のお願い

このサイトは誰かの役に立ちそうですか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけたら、以下のボタンから共有(シェア)をお願いします。
運営者のモチベーション維持にもつながります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

転職が多い場合の志望動機と例文関連ページ

説得力のある志望動機の書き方
説得力のある志望動機にするためには、まずは応募先の企業研究し、自分との設定を見つけます。次に貢献できる経験・スキルを志望動機に盛り込みます。
未経験職種の志望動機の書き方と例文
未経験業種・職種の場合、未経験でも役に立つスキルや知識をアピールします。
派遣社員から正社員への志望動機の書き方と例文
派遣社員から正社員を希望する場合、雇用の安定性を志望動機に書いてはいけません。
同業種の転職の志望動機と例文
同業種の志望動機のポイントは、前職では努力しても実現不可能だったことが実現でき、それによりキャリアアップできること、応募先の発展にどのようにつながるのかを伝えることです。
自営やフリーランスから正社員の志望動機の書き方と例文
企業では実現できることを志望動機として具体的に書きます。
志望動機のNGフレーズ
履歴書の志望動機では、単に「貴社の将来性に惹かれて〜」や「貴社の業務内容に興味があり〜」などはNGです。その会社でしか実現できないことを書く必要があります。

求人サイト


 
トップページ 履歴書ダウンロード 履歴書の記入例 志望動機の書き方 自己PRの書き方